発酵のまち上越

 
発酵ってなあに?
発酵食品のイラスト

 漬物や味噌、日本酒やワイン、チーズやヨーグルトなど…。発酵食品とは、その名のとおり食材が発酵してできた食べ物。カビや酵母や細菌といった微生物は、食材に含まれるデンプンや糖類、たんぱく質などを分解・合成して、新たな成分を作り上げてくれます。この代謝活動が発酵です。

 食料資源を長く持たせるための保存食として、日本各地に根付いた郷土料理や土産物の中に発酵食品が多くあります。また、そのままでは食用に適していなかったり、風味の面で物足りなかったものを、発酵食品にし、新たな風味を出すことで美味しくいただくことができます。